Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちは!
東北大生ブロガーのミキタクです。

僕は大学に入学して以来1人暮らしをしていますか、健康管理というのにはいつも悩まされてきました。

具体的には、血尿、貧血、無力感などを経験してきました。原因は、ほぼほぼ栄養の偏った食事のせいですね。

料理をしたいとは思うのですが、どうしても外食や買って来たものを食べるという生活になってしまいます。1人暮らし男子あるあるですが。

栄養のバランスというよりは美味しさや価格を重視するため、無意識のうちに不健康な食生活に陥っているかもしれません。

そこで、食事についての本を読むことにしました。

 

 

ポテトチップスは悪魔の食べ物

悪魔て!
このように結構、衝撃的な表現もあり、これまでの自身の常識が覆される気分です。

 

僕が学んだ内容は以下の3点にまとめられます。

・糖質制限すべき
・腹七分目を目指す
・本当に体に良い食べ物を食べる

 

糖質の取りすぎがダメというのがメインの主張です。
清涼飲料水なんかは一瞬で消化されるんで、血糖値の急激な増加に繋がります。割と気にせず摂取していたので、ちょっと反省しないとなと思いました。

 

またご飯の食べ過ぎも要注意で、晩飯の時には抜くのを推奨しています。
僕は朝と昼は少し食べて、夜に一気に食べるタイプでした。朝:昼:夜=3:5:2が理想らしいですが、僕は2:3:5みたいな感じでした(笑)
腹七分目にすることで、長寿遺伝子が活性するらしいのです。なので、夜たくさん食べる分を朝と昼に回そうと思いました。

体にいい食べ物として挙げられてるのは、オリーブオイル、ナッツ、ワイン、チョコレート、大豆、チーズ、ブルーベリー、コーヒー、酢、生もの、です。

こうやって具体的に紹介してくれているので、食生活を変えやすいですね。

他にも健康な食生活を築くのに役立つ知識が満載の本です。
食生活を変えたい方はまず、この本を手に取ってみてくださいな。

投稿者プロフィール

みきたく
自称、東北大生で一番頑張っているブロガー。
東北大学グローバルリーダー認定者。TOEIC900。
ブログは最近サボりがち。