Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちは、ミキタクです。
2018年5月3日にデンマークで行われた、コペンハーゲンマラソンに参加してきました。
フルマラソンは初参加でしたが、何とか4時間55分で完走することができました!!

(記念撮影時の俺)

フルマラソン完走は自身が大学1年生の時に立てた大目標の1つでした。完走だけでなく、5時間切り、いわゆるサブ5も達成しました。
初挑戦としては良い結果だと思います(自画自賛)
運動部やスポーツサークルに入っておらず、完全に自力で練習してきたわけですが、こんな僕でもフルマラソン完走は可能でした!
マラソンに挑戦したい人向けに、マラソン当日の状況・心境や、良かったところと反省点などを共有していきます。

状況・心境

スタート~10キロ
スタート前は、自分の実力(完走予想タイム)ごとに並びました。僕は、少し背伸びをして4時間30分の集団に紛れ込みました。そしてマラソンが始まると、周りのペースに合わせて一定のペースで走りました。
マラソンコースでは至る所で楽器の演奏や、応援があるので飽きないと思っていたのですがすぐに飽きました(笑)
なので途中からスマホで音楽を聴きながら走ることにしました。

10キロ~中間地点
若干、心肺機能に違和感を感じ始めましたが、途中からさほど感じなくなりました。足の違和感も出てき、屈伸ができないほどになりました。不安を抱きつつ、ひたすら中間地点を目標に一定のペースで走りました。

中間地点~30キロ
中間地点を超えた後からはモチベーション高く走れました。もう残り半分とポジティブに考えられたので、脚の違和感も意志力と上半身の力を使い、タイムも意識しながら良いペースで走れました。

30キロ~37キロ
かなりしんどかったです。いわゆる30キロの壁のようなものは感じませんでしたが、ただただ脚が痛い。残りの距離を計算しながら、何も考えないように走りました。

37キロ~ゴール
残り5キロになると、モチベーションが復活しました。ややペースをあげて走り続けました。

ゴール後
水とカロリーメイトのようなものをもらい、写真撮影をしてもらいました。脚はガクガクです。最寄りの駅が1キロほどなのですが、それすら休憩しながらじゃないときつかったです。

マラソン翌日

リアルに歩けません。左脚の曲げ伸ばしが苦痛。

良かったところ

靴紐をほどけにくい結び方で結んだ

普段ランニングをしていると必ず1回は靴紐がほどけます。止まるのは時間のロスでありペースを乱すので、ほどけにくい結び方で結びました。ググると色々見つかると思います。
後半はかがむのも不可能なくらい脚がきつかったので、これはメチャクチャ良かったです。

スポンサーリンク

5時間以内完走を目標に極力歩かなかった

フルマラソンともなると後半は、ビギナーレベルの集団だと歩いている人の方が多いくらいです。しかし、僕は給水とトイレ以外の時は歩きませんでした。タイムにこだわらずあくまで完走が目的なら、歩いてもいいです。しかし、達成感や感動は半減するでしょう。
持論ですがマラソンでは、歩くイケメンより走るブサメンです。一生懸命走っている、老人や女性ランナーもいるのに、カッコつけた男が超ダサいと思いませんか?
僕はちょうどいい目標を立てて、5時間以内のペースを守りました。モチベーションの維持にも繋がり、マラソン後は歩かなかったという自信も付きました。

反省点

気分に波があった

心境のところにも書いたように、かなりバラツキがありました。仕方ない部分もありますが、もっと安定して高いモチベーションを維持できれば、もっといいタイムが出せたのではないでしょうか?

単純な準備不足

今年に入ってから走り込みが足りていませんでした。基本的に何もない日は30分、もしくは1時間走るのが日課でした。ですが、それ以上の時間はほぼ走っていなかったので、序盤から心肺機能に違和感を覚えてしまいました。
練習不足もありますが、マラソン当日の戦略や、必要な知識などが足りていませんでした。例えば、栄養補給、ストレッチなどはほぼ素人でした。
ゴリ押しで走る羽目になりました。心が折れなければ走れちゃうものなのですが。

マラソン終了後の謎の優越感

これはマラソン完走した後の話です。マラソンを完走して地下鉄の駅に向かう途中、走っていない人に対して優越感のようなものを抱いてしました。言い換えれば、走っていない人を見下すような心境です。スポーツマンとして、これはダメだな、と思いました。心を磨いていきたいですね。

マラソンやろうぜ!

マラソンはしんどいです。きつくて泣きそうになります。逃げたくなります。しかし完走した後の達成感は普段の生活では味わえません。
結果を出すことで自信もつきます。
とりあえず、ランニングシューズと服があれば練習できます。日頃の運動習慣がついて健康になれます。ランニングのアプリもあるので、自分がどれだけ頑張ったか可視化できます。僕みたいなボッチでもできます。
マジでメリットしかありません。

運動系の趣味がない方、何か新しいことを始めたい方、自信が欲しい方にはマラソンは超絶オススメですよ!!

投稿者プロフィール

みきたく
自称、東北大生で一番頑張っているブロガー。
東北大学グローバルリーダー認定者。TOEIC900。
デンマークに交換留学中で中国語の勉強をしている。
7月に帰国予定。