Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

東北大生ブロガーのミキタクです。
ヨーロッパ圏の留学生向けの就活イベント、ロンドンキャリアフォーラムに参加してきました。

 

ロンドンキャリアフォーラムに行ってきたよ

1カ月ほど真面目に就活をしてきましたが、ついに当日です。会場はOlympia Londonです。

10時開始なのに8時半には着いていました。外のベンチで面接のシミュレーションをしていました。

9時過ぎになると開場していたので、入りました。
あれれWi-Fiが通じません(´;ω;`)
アプリでスムーズに入場するつもりが、会場に置いてある印刷機で入場チケットを印刷することになりました。企業からフォーラム中に電話やメールが来ることも考えられるので、レンタルWi-Fiとか海外でも使えるSIMカードを用意するのがいいでしょう。

ロンドンの建物が、スーツを着た就活生で溢れている様子は珍しいですね。

午前中は2社面接がありました。
外資系の監査法人とコンサルです。ロンドンキャリアフォーラムはボストンキャリアフォーラムと違って小規模なので、特定できちゃいますね(笑)

質問は留学の話が中心でした。日本でのエピソードはあまり聴かれませんでしたね。せっかく準備していたのに。

コンサルの方ではケース問題を解かされました。「Amazonなどのサービスの台頭による、トラックの運転手の人材不足と、かさむ輸送費を削減する方法を示せ」のような鬼問でした。

一応、ケース問題の本で対策したのですが、2つ解決すべきことがあり明確な答えを出しきれませんでした。死にましたね。もっと早期に対策すべきでした。

監査法人の選考結果はブースの前のホワイトボードでわかるようになっています。ちなみに僕の番号はありませんでしたが(´;ω;`)数字を見た感じ倍率は6倍くらい。かなり厳しいです。

 

午後は新聞社です。面接官は3人でしたが穏やかな面接でした。新聞社のインターンの体験などは話せたのですが、いまいち感触はつかめませんでしたね。

 

基本的に空き時間は各ブースで説明を聴いていました。全然見ていなかった業界の話も聴けて視野が広がりましたね。内容は日本の企業説明会とさして変わらないと思いますがね。

 

 

2日目は1社しか面接がなかったので、午後からはロンドン観光の時間に当てました。
セントポール大聖堂、大英博物館、キングス・クロス駅などなど。翌日にも帰国まで半日観光をしました!

(↑セントポール大聖堂)

(↑大英博物館)

(↑キングス・クロス駅)

せっかくロンドンに来たのですから、観光の時間も確保しておきたいところです♪

 

先人からのアドバイス

スポンサーリンク

スーツ・ビジネスバッグを持っていこう

スーツは念のために日本から持ってきていたので助かりました。リクルートスーツではありませんが、少なくともキャリアフォーラム参加にあたってスーツは必需品ですので持っていきましょう!革靴や黒靴下も忘れずに!

鞄に関しては、僕は普段使っているブルーのリュックサックで行きましたが、あまり良くないです。キャリアフォーラムに行く前提で留学するなら黒いバッグを持っていきましょう!

まずは事前エントリーをしよう

キャリアフォーラムでエントリーするには2つの方法があります。1つは事前にオンラインで事前エントリーをする方法です。もう1つは当日にエントリーシートを提出するウォークインです。

面接が埋まっていてウォークインできない企業も多かったので、時間を作れる方は事前応募すべきです。

気になっている企業への事前エントリーを済ました方も履歴書を持っていくとベターです。僕は事前応募していた企業の面接が終わって暇になってしまいました。

履歴書もってくればよかった!!

履歴書を準備するのはめんどくさいですが、面接を受けられるチャンスが増えるので準備しましょう!今年のロンドンキャリアフォーラムでは英語の履歴書が必要な企業は少数でしたので、日本語の履歴書だけでいいと思います。

 

可能なら前日の昼にはロンドンへ!

企業によってはキャリアフォーラムの前日にもセミナーや面接を行うことがあります。僕は前日の夜に着いたので参加できませんでしたが、本気で内定が欲しいなら参加を推奨します。かなりのアドバンテージになると思います。前日のセミナーや面接に対応できるよう飛行機を予約する際は、キャリアフォーラム前日の昼にロンドンに着く便を予約するといいでしょう。

 

キャリアフォーラム全体の感想

まだ結果待ちの企業も3つあるのですが、おそらく全て落ちたと思います。当日内定はかなりの少数派だと思います。各ホワイトボードに選考通過者の番号が書かれているのですが、3次面接通過者は各企業のブースを見る限り、1人か2人です。
多くの企業は後日、Skypeや日本で面接をして内定というプロセスになっていると思います。即日内定なんて極々少数派です!

短期間で就活ができるとはいえ、周りの学生は優秀なのですから落ちるのが当たり前だと思います。選考通過には入念な事前の準備が必要でしょう。

今回は厳しい現実を突きつけられましたが、参加して本当に良かったと思っています。自分の課題であったり、今後すべきことがわかったので。

次は「交換留学のためのキャリアフォーラム」に参加する予定です。7月に東京で行われるイベントです。

キャリアフォーラムは留学を活かした就活がしたい方にはオススメなので、是非活用していきましょう!

投稿者プロフィール

みきたく
自称、東北大生で一番頑張っているブロガー。
東北大学グローバルリーダー認定者。TOEIC900。
ブログは最近サボりがち。