Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

東北大生ブロガーのミキタクです。

就活から逃げてきた私ですが3月後半に、4月のロンドンキャリアフォーラムに参加することを決意しました。
留学が中だるみして、モチベーションを失いかけていたので、じゃあ就活を本気でやってみようと思ったのです。まあ半分はロンドンに旅行に行く言い訳ですが(笑)

 

ロンドンキャリアフォーラムとは?

ヨーロッパ最大級の日英バイリンガル就職イベント!

ヨーロッパ最大規模のジョブフェアであるロンドンキャリアフォーラムは、日英バイリンガルのグローバル人財にとって参加マストの就職イベントです。イベント当日の会場内では、様々な業界の優良グローバル企業との選考面接や内定獲得のチャンスがあります。

イベント期間中に面接のアポイントや内定を獲得するためには、他のキャリアフォーラムイベント同様、事前準備が重要です。早めにイベント参加登録、企業研究、企業への事前応募を早めに進めましょう!

(引用 https://careerforum.net/ja/event/ldn/)

日英バイリンガルとは言っていますが、僕のような若干、英語力の怪しい交換留学生でも参加できます。

大学3年の9月から大学4年の6月という就活真っ只中に留学している僕にとっては、ありがたいイベントです。
ちなみに就活をガチでやりたい人は大学2年のうちに留学しておくことをオススメします。
後、僕は落ちましたが、フォーラム参加にあたってトラベルスカラシップという交通費が出る場合もあります。

スポンサーリンク

就活は大変だ!

ロンドンキャリアフォーラムに向けて準備開始です。まずはキャリアフォーラムのホームページでレジュメを作成します。自己PRなどを書いていきます。レジュメと企業の追加質問を送信することでエントリーすることができるのです。

(僕のレジュメの一部です。)

企業によってはさらに個別のページからエントリーシートを提出する必要があります。二度手間感はありますが。

キャリアフォーラムではエントリーにレジュメを用いるなど少し特殊ですが、基本的に普通の就活とやることは同じです。自己分析、企業研究、エントリーシート作成、Webテスト、面接対策などなど。

就活を始めて思ったのが、就活ってめっちゃ時間がかかるということ。

やることが無限にある!!

特に最初はエントリーの手続きで、出身高校とかを何度も記入するのが面倒でした。
エントリーシートも自己分析をしながら書いていたので、なかなか軸が定まらず苦労しましたね。
Webテストもなめてかかると痛い目に遭います。いくらでも就活に時間を使えますね。

就活は楽しい!

「なんで留学しているのにこんなことをしないといけないんだ!」と思いつつも、キャリアフォーラムに向けて準備をしていました。
「就活は楽しい!」という感情が生まれました!

自分の将来のことを漠然と考えることはありましたが、就活で自分とより現実的に向き合えたと思います。
企業やビジネスについても学べて世界が広がりました。

Webテストも楽しいですね。読解は得意で、計算系の問題も高校時代の貯金で無双です。エントリーシートや面接では落ちても、Webテストでは落ちていません。
性格判断はクソつまらないですが(笑)

結果的に4社面接に進めることになりました。業界は絞り過ぎず、フォーラムに参加するほぼ全ての企業(20社程度)に応募して、6社でエントリーシートが通りました。

結果、Skype面談などを経て、キャリアフォーラムでは3社の面接が決まりました!
落ちた企業の方が多かったのですが、次の選考フローに進めたのは嬉しかったですね。

次回はキャリアフォーラムの当日について書きます!

投稿者プロフィール

みきたく
自称、東北大生で一番頑張っているブロガー。
東北大学グローバルリーダー認定者。TOEIC900。
ブログは最近サボりがち。