Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

東北大生ブロガーのミキタクです。

幸か不幸かデンマークの病院に入院してきました。

デンマークは税金が高いことで有名ですが、医療は無料なのです。不健康なのは良くないことですが、デンマークの医療を知るには良い機会でした。

 

僕、3月頭から体調がクソ悪かったのです。心臓が常にバクバクしており、立ち上がると動悸と頭痛がひどくなりまともに歩けないほどでした。
そんな僕が入院し退院するまでの経緯を記事にまとめます。

 

Frederiksberg Hospitalへ

デンマークに住んでいる人にはイエローカードが支給されます。医療を受けるにはCPRナンバーとイエローカードが必要です。

普通、最初はイエローカードに書かれている、かかりつけの病院に行きます。その後、症状に合わせて紹介してもらった病院に行くというのが王道です。

ですが、僕の場合、自力で歩いて病院にすら行けない状態でした。

なので、僕はホストファミリーにFrederiksberg Hospitalの緊急電話(1813)にかけてもらいました。病院にはタクシーで病院に行きました。日本だと1メーター相当の短距離なのに70クローネ(1300円)くらい取られましたね。

 

受付では1時間ほど待ちました。呼ばれた後、簡単な問診を行った後、また別室で待たされました。土曜日で急患が多かっため待ち時間は長かったです。

部屋に通されて、またしばらく待つことになりました。心拍数などを器具とか点滴とか色々つけられて少し不安になりましたね。

 

これが夕食です。サーモンとかもあって普通に美味しかったです。

 

夕食の後は採血を行いました。血中のヘモグロビンが少ないのが症状の原因だとわかりました。要は重度の貧血です。

血液内科のある病院へ移動することに決まりました。

 

Righospitaletへ救急車で移動

翌朝、Rigshopitaletへ救急車で移動しました。

採血の後、ヘモグロビンを注入すべく輸血を行いました。ずっとベットの上なので、テレビを見たりスマホで本を読んだりしてました。

食事は上手かったです。この食事に至ってはデザート付き!非常に快適な環境です。もはや病院に住みたいくらい(笑)

翌日には輸血のおかげで気分がよくなりました。医者から説明を受けた後、急遽退院が決定しました。もっと入院するかと思いきや「自分で立てるようになったなら出ていきな♪」っていうデンマークの医療スタンス好きですね♡

 

寝る前に鉄分の錠剤を摂取し、詳しい採血の結果を待つことになりました。入院していた3日間は濃かったですね。大した病気ではないかもしれませんが、様々な機械に繋がれたり救急車に乗ったりと僕にとっては大事したね。

 

スポンサーリンク

入院した感想

デンマークは物価が高いと嘆いていたのですが、医療サービスを受けてデンマークの素晴らしさに気づけました。ナースは優しいし飯も食えるしジュースも飲めるし。テレビ番組のほとんどはデンマーク語でしたが、英語のものもあったので暇つぶしに良かったです。本当に余談ですが、適当にチャンネルをいじっていたら、いきなりおっぱい丸出しの姉ちゃんが出てきてびっくりしました。

 

これだけの医療を無料で受けられるのはありがたかったです。薬剤費、人件費、飲食費、診察費等々のお金がどれだけかかっているかと考えると感謝しかありません!

デンマークに住むのには安心感がありますね。さすが幸福の国です!でも、できるなら入院しないのがいいですよ(笑)

デンマークに入院した僕からアドバイス

英語は最低限使えた方が良いですね。デンマーク語が公用語ですが、みんな英語を使えるので安心してください。ですが医者からの説明は英語なので、理解できないと困ります。医療関連の単語は知っておくと得ですね。例えば、urineは尿という意味を持つ英単語なのですが、そこまでメジャーな英単語ではありません。知らなくても文脈から推測できますが使えるとベターです。

 

家族との緊急の連絡手段はよく相談しておいてください。病院にWi-Fiはありましたが、僕のスマートフォンでは使えなかったため困りました。Facebookメッセンジャーが便利ですね。海外ではFacebookをしている人が多いので、緊急時にはメッセージを送ってもらうことができます。
僕はこれを機に、母親にFacebookアカウントを半強制的に作らせました(笑)

 

デンマークに長期間滞在される方はCPRナンバーとイエローカードは早めに取得しましょう。僕はたった10か月の留学中に病気になることはないだろうと高をくくっていましたが、医療を受けざるを得ない状態になりました。人生で何が起こるかはわからないので、備えておきましょう。

後、CPRナンバーは病院では度々聴かれるので暗唱できるようにしておきましょう。特に下4桁は!

 

ぼくからは以上です!

それでは、健康なデンマークライフを!

投稿者プロフィール

みきたく
自称、東北大生で一番頑張っているブロガー。
東北大学グローバルリーダー認定者。TOEIC900。
ブログは最近サボりがち。