Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

東北大生ブロガーのミキタクです。デンマークのコペンハーゲン大学に留学して約半年が経ちました。

ヨーロッパ、とりわけ北欧留学に憧れている人も少なくないと思います。そこで今回は、デンマーク留学のメリット・デメリットを紹介していきます。留学する前はメリットばかり見がちです。実際、僕もそうでした。

しかし、デメリットの部分も知っておくとより良い決断ができると思いますよ。ではまずはメリットから!

メリット

英語が使える

デンマークの公用語はデンマーク語です。基本的に文字はデンマーク語。空港に着いた時、デンマーク語ばかりでビビりましたもん。例えばスーパーに行くと商品名は全てデンマーク語で書かれています。

ですが、多くの人が英語を話します。僕の場合ホストファミリーとの会話は全部英語で行っています。英語を話すトレーニングがしたいなら良い環境です。授業も英語で開講されているものもあるので困りません。

 

他のヨーロッパの国に気軽に旅行できる

(ベルリンのブランデンブルク門)

旅行好きにはたまりません。シェンゲン協定というもののおかげで、パスポートさえあれば自由に国を行き来できます。

僕が住んでいるコペンハーゲンの場合、電車で1時間足らずでスウェーデンのマルメに行けてしまいます。

旅行では高速バスを利用するのがオススメです。flixbusというドイツのバスを使えば、他の西欧諸国に安価で行くことができます。ホント、地方から東京に高速バスで行く感覚です。

(flixbus: https://www.flixbus.com/)

 

僕は高速バスを使って、ドイツ、オランダ、フランス、ベルギーの4か国を旅行しました。マジで最高でした!

 

また僕はしていないですがLCC(格安航空会社)を利用すれば、日本から行くのと比べ物にならないくらい安価で様々な国に旅行できます。飛行機で沖縄に旅行に行く感覚で海外旅行ができてしまうのです。

 

スポンサーリンク

治安は悪くない

海外だと気になるのが治安。

僕が住んでいるコペンハーゲンでは夜でも全然平気です。感覚としては日本に暮らしているのと変わりません。ネットとかを見ると治安が良くないとか書いていますが、当たり前の対策をしていれば大丈夫だと思います。

 

・自転車のカギをかける

・貴重品は常時携帯する

などのことです。

 

他のヨーロッパの国に行っているので、わかりますがコペンハーゲンはかなり治安がいい方だと思います。ブリュッセルの北駅とかヤバかったですからね。

 

僕が半年住んでみて、デンマークは治安が悪くはないし、むしろ良いのではと思っています。

ただ、念には念を。女性はなるべく夜遅くは1人で歩かないなどの対策をすると良いと思います。

 

デメリット

物価が高い

おそらくデンマーク留学最大のデメリットです。デンマークの通貨はDKK(デンマーククローネ)です。1DKK≒18円です。

わかりやすいのがマクドナルドのバーガーの価格。10クローネマックというものがあるのですが、チーズバーガーが180円ということになります。日本だと130円ですから、約1.4倍です。これがデンマークの物価だと思ってもらって構いません。

ランチでサンドイッチやバーガーセットを食べて1000円越えが当たり前の世界です。下の写真のバーガーセットは特に高かったので82クローネ(約1500円)です。平均で60クローネ(約1100円)ですね。外食は法外に高いんです。なので普段、僕は冷凍食品や安いサラダを買って食べています。

 

大学の食堂などでは、比較的安く栄養のあるものを食べられるので安心してください。

後、ビールに関しては日本より安いです。1缶で100円ちょいくらい。ビール好きにはたまりません!

罰金がきつい

罰金が厳しいです。留学生が関わってくるのは主に下記の2つの時ですね。

 

・電車の係員に切符を見せられなかった時

・自転車の無灯火運転が見つかった時

 

問答無用で罰金です。僕は切符を買わずに電車に乗っていた時に、運悪く係員と750クローネ(約13000円)を払いました。支払いはウェブサイトからカードで(笑)その時のエピソードはこちらの記事から。

知り合いの日本人がICカードタップし忘れて罰金を食らったと嘆いていました。言い訳は通じません。

またホストファミリーが無灯火運転を見つかって「I was fined.」と言っていて、最初は何を言っているんだろう「I’m fine」の亜種かなと思っていたら、「罰金食らった」という意味に気づいて、まさか現実世界で耳にするとはと驚きました。

 

罰金は食らわないのが一番です。高いですが絶対、切符は買ってください。自転車は少しでも暗かったらライトを付けましょう。

 

手続きがめんどくさい

デンマークに留学すると様々な手続きがあります。

奨学金を受給している方はその書類の関連、(個人番号)CPRナンバーの取得、銀行口座の所得などなど。

正直、デンマークの手続き系はホントに酷いです。メールを出しても全然返ってきません。僕の体験談を話すと、

 

・銀行口座の開設手続きを済まして、開設できたらメールで連絡すると言われた。しかし、いつまでたってもメールが来なかったため、銀行に行くと開設は既に終わっていたが「メールするのを忘れていた」の一言。

 

・1月1日から別地区に移ったため区役所にて住所変更の申請をしたが、いまだに終わっていない。1回目は書類を書いて「Everything is OK」と言われるも1カ月だっても郵便物が届かず、ホストファミリーが電話で問い合わせると僕は住所の変更手続きすらしていないことになっていた。2回目は郵便物が届くも、向こうの不手際で変更が却下された。現在は、3度目の手続きを終えて郵便物を待っている。

 

・電子政府化が進んでおり住所変更などの手続きをオンラインできるが、NemIdがないと先の例のように手続きがすごくめんどくさい。僕の場合はNemIdの申請をするもパスワードが送られてこず、区役所で新しいパスワードが欲しいというと、Witness(証人)を1人連れてこいと言われた。すごくめんどくさい。

 

僕の事例でもこんな感じで、友達のエピソードも加えるとそれだけでボリューミーな記事が書けてしまいます。他国を経験していないので比較はできませんが、多少の時間を取られる覚悟は必要です。

 

デンマーク留学の情報は少ない

デンマークは人口500万人の小国です。よって学校の数は少ないです。インターネットで情報を探しても、必要な情報が網羅されているとは言えません。僕の場合は行ってから悩んでホストファミリーに助けてもらったみたいな感じでしたね。なので、僕はこのような記事を増やしていこうと思います。

 

最後に

デンマーク留学のメリット・デメリットを書いてきました。デメリットの方は愚痴みたいになってしまいましたが、これはリアルな声です。鵜呑みにしなくていいですが一意見として参考にしていただければ幸いです。

デンマークは勉強したり旅行を楽しむには最良の環境です。これははっきり言えます!デメリットは無視できませんが、困難を乗り越えることで人は強くなれます。

それでは、素晴らしい留学生活を手に入れられるよう頑張ってください!

投稿者プロフィール

みきたく
自称、東北大生で一番頑張っているブロガー。
東北大学グローバルリーダー認定者。TOEIC900。
ブログは最近サボりがち。