Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

東北大生ブロガーのミキタクです。

今月は地理Bの勉強をしていました。

前回は無勉で2018年の試験を解いて47点でした。

本日、約1カ月勉強をしてきて2016年の試験を受けてみました。

 

 

地理Bを1カ月勉強してきた結果

結果:68点

 

目指していた80点には届きませんでしたが、1カ月にしては善戦したかなという感想です。

これが歴史だったら覚えることが膨大過ぎて、ここまでの点数は取れなかったと思います。

地理Bは統計や気候に関する基礎知識などはとても大切ですが、単純な暗記というよりも知識を使って論理的に考えるか試す問題が多い印象です。

ちゃんと頭を使えば解ける問題があるので、そこで点を稼ぎました。はっきりいって知識は付け刃です。

気候などの重要項目などは丸暗記すべきなのですが覚えきれていません。苦手問題はどうしようもないので確実に点が取れそうなところで得点しました。

 

スポンサーリンク

地理Bを1カ月間どういう風に勉強してきたか?

前回の記事では、TryItを使って勉強すると書きましたが、TryItでは範囲を網羅できないことがわかったので、スタディサプリに課金して勉強しました。

 


受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

スタディサプリの地理Bの授業は基礎知識の解説とセンターの過去問演習がメインで進んでいきます。

 

①とりあえず資料を読んで問題を解いてみる

②授業動画の聴きたい所だけを2倍速で見る

③確認問題を解く

 

僕はこのようにスタディサプリを使って勉強しました。

1カ月という短い時間では、1から教科書を読みこんでいたら間に合わなかったでしょう。今回の勉強企画にはあった学習コンテンツだったと思います。過去問をたくさん解くことで、センター試験問題に慣れることができました。マジでありがたかったです。

 

日によってムラはありましたが、1日平均1時間は勉強していました。合計学習時間は30時間ほどです。勉強時間は平均的な受験生の10分の1程度だとは思いますが一定の結果は残せたので一安心です。

 

最後に

1カ月でもスタディサプリを使ってそこそこ頑張れば、暗記すべきことが少ない地理Bなら平均点には達することがわかりました。

受験生にはあまり真似して欲しくないですが、短期間である程度の点数が欲しい方にはオススメできます。

 

受験とは全く関係ない完全に趣味の勉強だったのですが、自身が大学で学んでいる経済学とも関連があることがわかり世界が広がりました。

また、地理が好きになったので、関連の本も読んでいきたいと思います。いやー、勉強は楽しいです。

 

 

もう1カ月あれば8割を取れる自信はありますが他に勉強したいことがあるので、地理の勉強はこの辺にしておきます。

こういう勉強関連の企画は続けていくので、お楽しみに!

投稿者プロフィール

みきたく
自称、東北大生で一番頑張っているブロガー。
東北大学グローバルリーダー認定者。TOEIC900。
デンマークに交換留学中で中国語とPythonの勉強をしている。
睡眠時間8時間は当たり前。個性的になろうとしているが、他人の真似ばかりする人にはなりたくない。
真面目系クズという言葉はNG。今欲しいものは彼女とコミュ力。