Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

你好!我是东北大学生的ミキタク!

こんにちは!東北大生ブロガーのミキタクです。今日から、中国語についてもちょくちょく書いていきます。

僕はデンマークに留学しているのですが、昨年10月からなぜか中国語を勉強し始めました。完全独学です。文法、単語、発音などを本やアプリやwebにアップされている素材を使って勉強しています。

今年の目標は新HSKという中国語の公式検定試験で5級を合格することです。

スポンサーリンク

これまでどういう勉強をしてきた?

10月は中国語学習アプリを使って基本的な語彙や文法を学びました。それからは基本的には単語の暗記や発音の練習をメインにやってきました。サボっていた時期もかなりありましたが、現状HSK検定3級に受かる自信があります。

試験にスピーキングは必要ないとはいえ、少しは話せるようになりたいので中国語作文の本を使って勉強してみた時期もあります。

しかし、全部やろうとすると中途半端になるので、今は単語とリーディングとリスニングに全精力を注ぐことにしました。理由は後で説明します。

 

ここでHSK5級の配点について簡単に触れておきます。HSK5級はリスニングとリーディングのライティングの3つのパートに分かれており、各100点で合計300点。実はHSKは現在では新HSKと試験名が変わって合格点という概念がなくなったものの、6割の180点を超えれば合格と言っていいでしょうとネットに書いてました。けっこういい加減ですね。多分履歴書に書くときは「新HSK5級 7割」みたいに書くのですかね。TOEICのスコア的な。

 

正直、単語さえわかれば日本人にとってリーディングは余裕です。単語を固めておけば読む練習をしていなくてもフィーリングでいけそうです。ですが、リスニングはなかなか厄介です。これは量をこなすして、読めるけど聴けない単語やフレーズを減らしていくしかありません。なのでリスニングに特化しています。

 

ライティングは①並び替え問題②自由作文、の2種類があるようです。①は文法を固めて点を稼ぎます。②は後で考えます(笑)

 

現状は4級の単語を覚えながら、3級のリスニングの精度を上げている状況です。3級単語の例文のシャドーイングとwebに上がっている模擬問題の演習をひたすら繰り返しています。徐々に聴きとれる個所が増えていくのが楽しいです。

 

(↑これを1日1時間くらい音声を聴きながら発音しています!)

 

目標としては今月中に3級リスニングをほぼ完ぺきにして、3月中に4級リスニングをほぼ完璧にします。それから5級の膨大な語彙を覚えていきたいと思います。4級の勉強が終わったらスピーキングとかライティングもやっていきたいですね。

これまでの反省点。モチベーションの維持が下手だった!

 

中国の勉強は最初は楽しくて続けていたのですが、途中から義務感でやっていて全然楽しくありませんでした。年末年始を言い訳に中国語の勉強をサボると1月はほとんど勉強しないままになり、2月から復帰しました。マジで楽しむことが大事です!

また、HSK5級合格という目標を見失い、漫然と単語を覚えるだけになっていたのも良くなかったです。非効率な勉強になってしまいます。

勉強はその場の気分でやっており、単語の勉強なのかリスニングの勉強なのか良く分からない時期があり向上を感じれない時期もあり辛かったです。

今ではリスニング超特化型の勉強法を確立できたため実力もついてきています。

 

・楽しむ

・目標は明確に

・勉強方法を確立

 

この3点を抑えていればモチベーションに関しては大丈夫です。僕のようにならないように!

 

最後に

自分の中国語の勉強について書いてきましたが、これからも継続して中国語学習について記事を書いていきます。

今、考えているのは、学習に役立つウェブサイトのまとめ、勉強の進捗、オンライン中国語会話の体験などです。気長にお待ちください。

谢谢!再见!

 

投稿者プロフィール

みきたく
自称、東北大生で一番頑張っているブロガー。
東北大学グローバルリーダー認定者。TOEIC900。
デンマークに交換留学中で中国語の勉強をしている。
7月に帰国予定。