Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

東北大生ブロガーのミキタクです。

僕にはやりたいことがたくさんあります。文系理系に関わらず広く勉強したいし、色んな本や映画をみたいです。僕は現在留学していますが、授業は週2日なので人と比べて時間はたくさんあります。それでも、やりたいことをやろうとすると時間が足りないのです。そこで僕は、時間を増やす方法について真剣に考えました。

今回は、僕が実践している時間を増やす方法を6つ紹介していきます。

 

自転車移動時間の有効活用

僕の場合は通学に自転車で30分くらいかかるので、学校に行く日は1時間を移動に費やしていることになります。気分転換にはなるのですが、1時間あれば、何か1つのことを勉強できます。この時間に何もしないのはもったいないです。そこで考えたのが、

・歌う

・考える

・音楽を聴く

・オーディオブックを聴く

の4つです。

 

自転車に乗りながら好きな曲を歌うのは気持ちいのでストレス解消になります。

 

考えるのは大切なことです。考える時は、事前に考えたいことのリストを作っておいて自転車をこぎながら考えるのをオススメします。考えることを考えないと、大抵思考が深まらないまま終わってしまいます。人間は生来ネガティブなので、考えることがないと心配事を思い浮かべてしまいます。ということで、有意義な時間には事前の準備をしてみてください。

 

音楽を聴くことについて。日本ではイヤホンをつけて自転車に乗ると警察に注意されますが、僕が留学しているデンマークでは、音楽を聴いたり、友達と電話をしている人がけっこういます。多分大丈夫。なのでデンマークにいる時、限定で音楽を聴くことにしました。Spotifyのシャッフル再生機能を使っています。

 

オーディオブックはまだ初心者ですが、手が使えない状態で本が読めるのは魅力的です。普通に読むとついつい急いでしまいますが、音声だとゆっくりなので、考える時間も取ることができオススメです。自転車をこぎながらだとやや危険ですが試す価値はあります。僕はGooglePlayで購入しました。オーディオブック購入の初回が半額キャンペーン中だったので良い買い物でした。

 

自転車に乗っている時にオススメのことを紹介しましたが、基本的に歩行時にも応用できますし、歌うこと以外(路上で歌うのは恥ずかしい(*ノωノ))は、むしろ歩行時の方が向いています。是非、お試しあれ!

 

休憩時間の有効活用

僕は勉強をしたり作業をすると、1時間に10分ほど休憩時間を取ります。1日12時間机に向かうとすると、休憩時間だけで2時間もあることに気づきました。

以前の僕は、その10分をほぼSNSのチェックなどに使っていました。今、思うと貴重な時間を無駄にしていました。

休憩時間でできることは

・趣味

・読書

・動画鑑賞

・音楽

・筋トレ

などがあると思います。休憩時間を有意義にしようと心掛けると、心理的に充足して勉強などのモチベーションが上がります。

SNSは現代の若者には欠かせませんが、朝、昼、晩と何かを投稿する時にチェックすれば大丈夫です。SNSとはほど良い距離を保ちましょう!使い過ぎはNGです。

スポンサーリンク

隙間時間の有効活用

 

移動時間と休憩時間以外にも、利用できる隙間時間はあります。マクドナルドの列に並ぶ時、誰かを待っている時、授業が始まるまでの時間、などなど。

その際にすることを決めておくと、5分とか短い時間も有効活用できます。僕は隙間時間には電子書籍を読むことにしています。塵も積もれば山となるということで、わずかな時間も上手く使いましょう!

 

内職

こちらは学生向け。今の自分にとって聴く必要のない授業では思い切って内職しましょう。

僕は留学しているので、授業は全部英語です。ソーシャルデータサイエンスの授業では、プログラミング言語Pythonの前提知識が必要なもので、今の自分には一ミリも理解できません。なので、その時間をPythonの基礎的な勉強に充てることにしました。授業時間を聴いたふりをして理解できないなら、自分のレベルにあったことをした方が良いです。

 

動画を倍速で視聴

僕は動画をよく倍速で見ています。ミュージックビデオはさすがに通常速度ですが、YouTuberの動画や対談や勉強関連の動画などは1.5~4倍速で見ています。

YouTube動画は通常は最速で2倍速までなのですが、パソコンでsmasurfというツールを使えば、YouTube動画を最速で4倍速にして見ることができます。

https://www.smasurf.com/web-browser-extensions

(インストールは↑のページから)

 

1時間あるプレゼン動画なども4倍速にすれば15分ですので気軽に見ることができます。

最初は戸惑うかもしれませんが、徐々に早くしていけば適応できます。また、動画を倍速で見ると処理速度も倍になりますので、頭の回転が速くなり一石二鳥です。

 

朝型生活にする

朝の1時間は夜の3時間と言われていますが、実際朝は勉強がはかどります。睡眠を経て頭がクリアになっており、早朝だと電話やメールなどがこないから集中できるのです。

 

時間術の本でヒットしている樺沢先生の本にも朝の時間の重要性について書かれています。 時間術に関してはこの本を読めば間違いないのでオススメします。

 

最後に

僕が実践している時間を増やす方法を紹介してきました。

時間は万人に対して平等に与えられています。とは言うものの、お金を持っている人は、他人に雑事をまかせることができるので、お金を持っている人の方が有利に時間を使えます。

 

しかし、今日紹介した方法はほとんどお金がかかりませんし、自分次第です。

 

時間を上手く使って、よりより生活を手に入れてみませんか?

 

 

投稿者プロフィール

みきたく
自称、東北大生で一番頑張っているブロガー。
東北大学グローバルリーダー認定者。TOEIC900。
デンマークに交換留学中で中国語の勉強をしている。
7月に帰国予定。