Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

東北大生ブロガーのミキタクです。

今まで読んだことがないテイストで面白そうな本だったので読むことにしました。

 

「コーヒーはわかるけど、ビール!?」ってな感じで読み出しましたが、医学的根拠なども明示されていて説得力のある本でした。めっちゃビールを飲みたくなりました!
内容としては、コーヒーとビールがビジネスマンにとって良い理由や有効的な飲み方などを紹介しています。
この本を読んで、学んだことや考えたことをいくつかシェアします!

スポンサーリンク

キーワードは自律神経!コーヒーとビールが良い理由。

まず、筆者が飲み物にこだわっている理由について。飲み物は食べ物の約
50倍のスピードで消化吸収されるのです。基本的にはバランスの取れた食事が大事なのですが、飲み物は即効性に優れているのです。
マリオカートで例えると、食べ物はエンジン、飲み物はキノコですね。
特にコーヒーとビールは自律神経を整えてくれる最強の飲み物。コーヒーは交感神経を、ビールは副交感神経を優位にしてくれます。つまり、朝の時間帯には覚醒し、夜の時間帯にはリラックスできるのでコンディションの調整が上手くできます。

間違っていた!!コーヒーを飲むべき時間帯。

コーヒーとビールは素晴らしい飲み物だということはわかりましたが、間違った飲み方をすると逆効果になることも。特に、飲む時間帯は重要です。

僕は朝起きて、少しした7時くらいに飲んでいました。しかし、それは良くないことがわかったのです。

なぜなら、早朝には体内でコルチゾールという目覚めに関わるホルモンが分泌されるからです。個人差はありますが、朝6時から9時の間です。その時間帯にコーヒーを飲むと確かに目は覚めるかもしれませんが、コルチゾールの働きが弱まってしまいます。慢性的なダルさを生むことがあります。

なので、朝のコーヒーは9時過ぎに飲むのがいいのです。とりあえず朝にのんでおけばいいと思っていた僕には目からウロコでした。

飲み物にこだわりたい!

筆者はコーヒーやビールを最強の飲み物と言うくらいなので、かなり詳しいです。こだわりがすごいんじゃあ!
僕なんて、インスタントコーヒーに缶ビールですからね(笑)
人間は生きていく上で必ず飲み物を飲むわけで、普段どういう飲み物を飲むかってすごく大事だと思います。

水分補給ってすごく大事!

筆者は1日に3リットルの水分補給を推奨しています。喉が渇いてからでは遅いようです。かくれ脱水といって身体の不調を起こすこともあります。自分ではなかなか気づきませんね。
3リットルというと500mlのペットボトル6本分です。僕は絶対、補給できていません。食品にも水分は含まれているとはいえ、半分の1.5リットルくらいではないでしょうか。
起床後と就寝前、食事の時に飲むなど習慣的な水分補給はしているとはいえ、そのほかの時間帯は喉が渇いたら飲んでいました。
コーヒーやビールを正しく飲むのも大事ですが、普段の水分補給もしていきたいですね。

最後に

飲み物について考えるには良い本だと思います!

Kindle Unlimitedに登録していれば無料で読めるので、是非ご活用を。初月は無料で、月額料金はこの本の単価より安いです!

 

それでは良い、読書ライフを!

 

投稿者プロフィール

みきたく
自称、東北大生で一番頑張っているブロガー。
東北大学グローバルリーダー認定者。TOEIC900。
この世の全てを知ろうと本を読みまくったり、アニメを1日10時間見たり、マラソンを走ったり、と思うがままに生きている。