Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

東北大生ブロガーのミキタクです。夢はR1グランプリに出場すること。一切ネタなどを書いたことはありませんが、とにかく面白い人間になりたいです。

お笑い芸人で出版されている方は多いですよね。

ただ理論やテクニックの部分を解説してくれる本は多くなかったと思います。

で今回紹介する貴重な本が「モテる三枚目のすべらない話術」です。

 

スポンサーリンク

モテる三枚目のすべらない話術はどんな本?

この本は4つの章で成り立っています。

 

『すべらないキャラ』の作り方

『すべらない空気』の読み方

『すべらない相性』の見抜き方

『すべらない話』の話し方

中盤からは、序盤と相変わらず当たり前の話も多かったですが、「話の主導権を握るのはSである。」「プロでもすべるときは、すべる!」「いじって笑いをとる技術」などなど興味深い話もけっこうありました。普通に生活していたら気づけないことも多かったので、お笑いについて多面的に考えられるようになったと思います。

モテる三枚目のすべらない話術を読んで面白くなれるか?

この本を読めばお笑いのセンスがつくでしょうか?多分つかないと思います。理論と実践は違うからです。センスを磨くなら、この前に別の記事で紹介したboketeで大喜利の練習をした方が良いでしょう。

お笑いセンスを磨くアプリbokete

面白い話がしたいならひたすらネタを作って練習していく以外に道はありません。僕は話が下手ですが、これから僕のYouTubeチャンネルにトークの動画をアップロードしていきたいと思います。

 

 

ただ、このモテる三枚目のすべらない話術を読むことで笑いについて詳しくなれるのは間違いないです。

お笑いの理論について、これだけ体系的にまとめてある本は貴重です。

面白い話ができるようになりたい、面白い人間になりたい、そんな人にオススメの本です!読んでみてください!

投稿者プロフィール

みきたく
自称、東北大生で一番頑張っているブロガー。
東北大学グローバルリーダー認定者。TOEIC900。
この世の全てを知ろうと本を読みまくったり、アニメを1日10時間見たり、マラソンを走ったり、と思うがままに生きている。