Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

東北大生ブロガーのミキタクです。

新年にありがちな抱負を立ててしまいました。

「今年こそ、彼女作るぞー!」

 

そして、元旦に謎のテンションで世界最大級の出会い系サイトTinderに課金、しかも最高のTinder Gold会員になってしまいました。月額は約1700円。

「すぐにアクションを起こしたという点で今年は何かが違う。1700円でガールフレンドができれば安いものじゃないか!」僕はポジティブに考えました。

 

 

Tinder Goldにすることで色々いいことがあるのですが、なんと自分にLIKEを送ってくれた人がわかるのです。その人にLIKEを送るだけで即マッチングです。これは強い!

 

ですが基本はこちらからLIKEを送ってアプローチしていきます。

スクリーン上に流れてくる女の子を〇か×で評価し捌いていきます。

これは完全に直感です。いちいち考えている時間はありません。「考えるな、感じろ」方式です。

ストライクゾーンが広い時はよっぽどのことが起こらない限り、LIKEを送りますが、なえぽよの時は厳しくなります。決定権はジョニー様が握っておられます。ジョニー様は握られる方ですが。

 

顔と年齢で大体判断しますが、おっぱいがでかい子には反射的にLIKE送っちゃいますね。1回、「奇跡か!」と叫びだしたくなるほどの巨乳の子がいて、思わずSuperLIKEを送ってしまいましたわ。あそこまで行くともはや芸術作品です。

 

Tinderを使っていた僕はある疑問に取りつかれました。

「果たして僕のような一般ピーポーが、顔や乳などの外見だけで女の子を分別していいのか?こんな神のようなことをして許されるのか?」という哲学的な思索にふけったのです。

ジョニー様「いいんじゃね?」

い、いいそうです。

 

そんな深遠なことを考えることより量をこなすことが大事です。

スラムダンクの安西先生の指導で、桜木花道は2万本シュートの練習をし苦手を克服しました。

僕も花道を見習い、2万回スワイプを目指しガールフレンドを作るのです!

 

僕にとうとう春が?

課金して数日。

なんとめっちゃ可愛い子からLIKEが\(^o^)/

正直めっちゃタイプです!

当然LIKEを送り返し、メッセージを送ってみました。

普通に返ってきました。

 

ただ、彼女、まさかのトラベラーであることが判明!TinderはGPS機能を使って近所に住んでいる人と出会うようになっています。彼女は普段はイタリアに住んでいて、たまたまコペンハーゲンに来ていて、今はもう違う国に旅行しているそうでした。

「ふざけないで!旅行しながらTinderを使って僕の純情な心をもてあそぶなんて!」と心の中で泣き叫びました。第一回戦敗北。

 

マッチング2人目。僕が言うのもなんですが、ブサイクちゃんでした。ちゃんとやればマシになるんでしょうけど、眼鏡のチョイスがくそダサい。向こうが「Are you Japanese?」と聴いてきたので「Yes」って答えたら、それ以来メールが返って来ていません。

ちょ、待てよ!そんなに日本が嫌いですか?僕はあなたの顔が嫌いです。

 

スポンサーリンク

ツッコミどころ満載なプロフィール

Tinderを使っていると色んな女の子のプロフィールをみることになります。マジで意味不明な人がいます。

事例1つ目。

大量のタバコを口にくわえた女

別にタバコを吸うのは自由ですが、これに惹かれる男が果たしているのでしょうか?僕は引きました。

最初その写真を見た時、世界の終わりかと思いましたね。料理のレシピが載っているサイトを見たら「うんこ」が載ってたみたいな。

 

プロフィール写真に複数人映っている

一言だけ言わせてください!「あんたはどいつ?」

3人なら真ん中かな、と予測できるのですが、4人とかになってくるとどうしようもないです。少しは配慮してくださいな♪

 

結論

結局、メッセージを何人かと交わして終わりでした。当然、 Gold会員は止めて一般会員に戻しました。お金と時間の無駄です。

直接会える気が全くしません。もし可能性があるとしたら、イタリアまで飛ぶしかありません。

 

結論言いますよ、現実の世界で出会うのが一番です。

何かを悟った僧侶の気分です。

 

出会いの場は作り出そうと思えば無限にありますが、社交的な場はどうも

苦手です。

パーティーピーポーになる方法を学びたいものです(完)

投稿者プロフィール

みきたく
自称、東北大生で一番頑張っているブロガー。
東北大学グローバルリーダー認定者。TOEIC900。
デンマークに交換留学中で中国語の勉強をしている。
7月に帰国予定。