Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

東北大生ブロガーのミキタクです。

高3の時、社会は世界史と日本史を選択しました。ちなみ、この組み合わせは学年で5人しかいませんでした。うちの高校では文系は地理を履修できなかったので、僕の中で地理の勉強は中学で止まっています。

 

先日、センター試験を3年ぶりに解いてみたという記事を書きました。世界史は53点、日本史は42点でした。やっぱり時間が経つと忘れるから、せっかく膨大な時間かけて学んだんだから復習しなきゃだよね的なことを書きました。

 

今回は趣向を変えて、全く勉強していない地理Bを1カ月勉強してみて、センター試験どれくらい解けるか検証してみたいと思います。

 

この企画の理由

教養として地理の知識があると強いのではと思っていました。だから学びたいという気持ちはありました。

しかし縛るものがないと勉強が続きません。

「じゃあブログの企画にしてしまえば、やるんじゃね?」というノリで始めることにしました。いやー、ブログは便利です。自分ごとが自分ごとでなくなります。この企画が終わったら彼女を作る企画やろうかしら(笑)

 

スポンサーリンク

学習方法

教材は主に「Try IT」とセンターの過去問を使います。全部、インターネットから無料でアクセスできます。自発的に学びたい人にとっては良い時代になったものです。

https://www.try-it.jp/

 

 

 

Try ITとは、0円で中学高校内容の授業動画が見放題のサービスです。勉強好きの方にはマジでオススメのサービスです!周りに大学受験生がいる方は是非、教えてあげてください。

安価な学習サービスとして名高いスタディサプリは月額980円でコンテンツはTry ITよりも充実していますが、今回はTry ITベースで学習を進めていくものとします。

 

センター地理2018を解いてみた

無理を承知で解いてみました。何回も「そんなん知らんわ、ボケ!」ってなりました。アラブ首長国連邦の宗教の割合なんて考えたこともなかったです。

 

結果 47点

 

悪くなくないですか?何なら、この前解いた日本史42点より高いですからね。

論理や消去法で解ける問題が多い印象でした。そういう問題で稼ぎました。

ただ、知識問題になって選択肢が8つになると死亡です(笑)

 

世界もしくは国内の産業、資源、エネルギー、文化、宗教など色んな問題が出されるんですね。地理Bを学べば、普段見ているニュースをの捉え方とかも変わってきそうです。

 

センター8割を取るには知識問題を解けるようになれるかがカギです。

 

やったります!1日1時間は地理の勉強をします!

 

中間報告もするのでお楽しみに!

投稿者プロフィール

みきたく
自称、東北大生で一番頑張っているブロガー。
東北大学グローバルリーダー認定者。TOEIC900。
この世の全てを知ろうと本を読みまくったり、アニメを1日10時間見たり、マラソンを走ったり、と思うがままに生きている。