Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちは。TOEIC900点のミキタクです。

 

「今の時代は英語だ。将来のためにTOEICのスコアを上げよう。」

こういう風に考えて、英語を勉強している人は普通称賛されます。

僕はずっと称賛される側でした。

「偉いぞー。頑張ってるね!」

確かに英語を頑張らない人よりは頑張っている人の方がマシでしょう。しかし、僕はこの風潮に違和感を抱いています。

所詮、僕が英語を勉強しているという事実、テストの点数だけを見ての評価なのです。

大事なのは、僕が何のために勉強しているのかではないですか?

 

あなたの英語学習を振り返えってみてください。

あなたは中学、高校、大学と英語を何千時間と勉強してきました。あなたは英語力以外に何を得ましたか?

ここで、留学先でできた友達、などの答えが返ってくればまだいいです。

TOEICのスコアとだけ答えた人は相当ヤバいです。試験のスコアは英語力を図る指標に過ぎないので、英語力以外に何も得ていないことを告白しているのと一緒です。

就活ではTOEICのスコアが参考にされるものの、実際英語をフルで仕事に使う人は多くはです。

英語を活かさないとマジでもったいないです。就職して英語を使わない職場に入った途端にサヨナラでは、費やした何千時間の価値はほぼ0です。

 

今の時代、インターネット上に有益な情報や教材がたくさん転がっています。

英語の情報量は圧倒的です。だいたいのことは英語で学ぶことができるのです。

 

そのいい例がMOOC。Massive open online courseの略です。世界中の大学教授がインターネットで講義動画を公開しているのです。

代表的なサイトがCoursera。2000以上の講義を無料で公開しています。修了証を得るためにはお金が必要ですが、ほとんどの講義は動画を見るだけなら無料です。字幕は複数の言語に対応していますが、講義はほぼほぼ英語で行われます。

https://www.coursera.org/

 

日本にもgacooというMOOCがあります。講義数は2桁ごくわずか。どの講義も面白いのですが、まだまだ充実しているとは言えません。

http://gacco.org/

 

何かを学びたい人にとって、情報格差というよりは語学力格差の問題になってきます。

 

この事実を英語の先生は教えてくれるでしょうか?

彼らは、大学受験突破のため、試験のスコアアップのアドバイスをしてくれても、具体的にどのように活用していくかについては教えてくれません。

 

英語の勉強は大切です。ですが英語の勉強だけをしていてもいけないのです。問題は何を目的にするかです。

 

僕は

・Google検索で英語で有益な情報を見つけたい

・海外の教授の講義から学びたい

・海外でできた友達に思っていることを英語で伝えられるようになりたい

・洋画を字幕なしで見れるようになりたい

・TOEIC満点を取ってブログのネタにしたい

この5つを目的にしました。そのために英語を学びます。

 

・英語を学ぶ意味はあるのでしょうか?

・何のために学ぶのでしょうか?

・これからどう役立てていくのですか?

 

英語を学ぶ目的を明確にすればモチベーションも上がります!

こういった問いを自分の胸に問いかけてみてください。

投稿者プロフィール

みきたく
自称、東北大生で一番頑張っているブロガー。
東北大学グローバルリーダー認定者。TOEIC900。
ブログは最近サボりがち。