Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

東北大生ブロガーのミキタクです。

僕たちは趣味が違います。当たり前ですが。

SNSやニュースアプリで記事を読むと思いますが、自分が好きな分野で情報に触れがちです。これも当たり前です。

今回は、そんな人間の性質に抗い視野を広げるための方法をご紹介します!

 

僕の経験

僕はニュースアプリで毎日野球のニュースを見ています。(シーズンオフなのに)。元巨人の村田がどの球団に行くかとか、清宮の調子はどうとか(笑)

別にこれはこれでいいんです。好きでやっているんですから。

しかし、新しい情報に触れないと視野が広がりません。

逆に、自分が新しい情報に触れるときはどんな時だったのでしょうか?何かを経験したことで興味を持ち、調べることが多いと気づきました。例えば、落語好きの友達から話を聴いて、落語のYouTube動画を見たりです。セレンディピティ(偶然の幸運)というやつです。

一方、自発的に視野を広げようと情報に触れるということをあまりしてきませんでした。機会はあるのです。しかし見ようとしませんでした。気まぐれで見てみると、何を言っているのかわからなくて結局他のニュースを見てしまいます。

今思えばすっげーもったいなかったです。

年末、仮想通貨の取引を始めました。正直、始める前はブログ記事を読んでも訳が分からないし、面白くないので理解に苦しみました。しかし、始めてみるとすぐに理解できるようになりました。僕の視野が広がったのです。ぱっと見の印象で切り捨てるのはよくないです。

 

視野を広げるためにすべきこと

スポンサーリンク

やってみる

プログラミング勉強したい、ランニング始めたい、ブログ始めたい、仮想通貨ってなんやねん。

 

思い立ったらすぐやってください!情報なんてちょっと集めるだけでいいです。むしろ多すぎる情報は行動力を鈍らせるので。

始めるのは簡単です。プログラミングは無料で勉強できるサイトを検索すれば出できますし、ランニングは運動着を着て外に出ればいいし、無料ブログサービスに登録すればいいし、ネットで仮想通貨の口座を作ってしまえばいいのです。

そうすると情報を集める意欲が沸いてきます。自分ごとにしてしまえば別世界に思えていたこともそうではなくなるのです。

 

馴染みのない情報にあえて触れる

別に先の例のように行動を起こさなくても情報を理解できれば、視野は広がるでしょう。

僕はあるルールを作りました。

 

わけのわからない記事を見たら絶対読む!

 

普通にSNSやニュースアプリを見ていたら、間違いなく自分に馴染みがある面白そうなものを読みます。外れはないでしょうが、既に知っていることが多いため、新たに得られる知識は少ないです。

逆に、意味不明、興味が持てない記事を読みます。最近、一ミリも理解できないIT関連のニュース見ましたが、用語を調べることで何となくポイントは理解できました。知識が1つ増えたのです。

 

馴染みのない情報に触れるには、皆さんが使っているSNSやニュースアプリが役に立ちますが、雑誌もオススメです。

僕は楽天マガジンに登録しています。月額380円で、スマホアプリやPC上で200誌もの雑誌を読むことができます。これらを飛ばし読みするだけでも色んな情報に触れられます。初回31日間は無料ですので、試す価値ありです!

まとめ

僕の経験や視野を広げるための方法を紹介してきました。

視野を広げるということは、自分が近くする世界や可能性が広がることでもあります。

是非、若いうちから視野を広げまくってください!

投稿者プロフィール

みきたく
自称、東北大生で一番頑張っているブロガー。
東北大学グローバルリーダー認定者。TOEIC900。
ブログは最近サボりがち。