Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちは。東北大生ブロガーのミキタクです。

みなさんLINEをやっていますか?多分99%の方は「はい」と答えるでしょう。思うに、若者はLINEをやっていないと生きづらい社会になっています。自身の体験を踏まえて書いていきます。

(引用 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.naver.line.android&hl=ja

 

体験談

ぼくは大学1年の5月までLINEをやっていませんでした。中3から携帯電話を持ち始めたものの、メールと電話とちょっとした検索しかできないものでした。高2くらいからクラスのグループLINEなるものができました。当然、ぼくは入れません。結構大事な情報もそのLINEグループで流れていたらしく、大事な情報は友達にメールで教えてもらうという有様。

 

大学に入ってタブレットを買ってもらったものの、スマホはまだ持っていませんでした。入学早々グループワークの授業がありました。「LINEやってる?」ぼく1人だけ「やってません」。まじであの時は精神崩壊しましたね。Facebookに不平を書き殴ったのを覚えています。

さすがに泣けましたね。ゴールデンウイークで帰省したとき、親に直談判してスマホ買ってもらいLINEデビューしました。

スポンサーリンク

LINEデビューした感想

念願のLINEデビュー!感動しました。めちゃくちゃ便利なんですね。LINEみんなやってるんですもん。高校生の時から持ちたかった。持っていたら人間関係、絶対変わってました。コミュニケーション下手でもLINEなら話せますもん。

気づいたらぼくが大学の授業のグループワークのリーダーになって「LINE作ろうか」という立場になってました。人間って簡単に変わるのね。

日本ではLINEをやっていない人は生きづらい世の中になってしまいました。これはLINEだけの問題じゃありません。日本は少数派に非寛容です。難民の受け入れも全然進んでいないし、性的マイノリティに対する施策だって欧米と比べると遅れています。

 

意見

LINEに関して言えるのは、親はLINEができる携帯を子どもに与えるべきだと主張します。夜何時以降は預かるとかの制限付きでもいいから、アダルトサイト見れないように設定してもいいから、LINEだけはさせてやってほしいです。現代の子どものコミュニケーションの必需品です。ないと生きづらいです。

同性代の若者に言いたいのは、LINEをやっていない人もいるということを理解してやって欲しいということ。

やっていなかった時の生きづらさと、やって知った便利さを、両方知っている僕だからこそ分かります。よろしくたのんます!

 

投稿者プロフィール

みきたく
自称、東北大生で一番頑張っているブロガー。
東北大学グローバルリーダー認定者。TOEIC900。
デンマークに交換留学中で中国語の勉強をしている。
7月に帰国予定。