Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

年間200冊くらい本を読む、みきたくです。

元々、読書は紙派でした。しかし、留学して日本の本を読みたくなり、電子書籍を買い始めました。

紙の書籍と比べた電子書籍を買うメリットとデメリットを紹介します。

メリット

価格が安い

紙よりも、電子書籍の方が価格が安いことが多いです。

すぐに読める

紙の本を読む場合は、書店に行って購入するか、Amazonなどで注文することが多いでしょう。電子書籍の場合はインターネットで調べて、読みたいと思えばすぐに購入して読むことができます。

読み放題サービスの存在

Amazonのkindle Unlimitedというサービスをご存知でしょうか?月額980円でkindleの対象本が読み放題というサービスです。電子書籍だからこそできるサービスですね。

持ち運びが楽

電子書籍はスマホで読めるので、持ち運びが非常に楽です。

スポンサーリンク

海外でも読める

留学生には朗報です。ただ、Amazon kindleは海外では利用できません。5冊を超えるとダウンロードできなくなりました。

ただ、kindle Unlimited対象本は例外で、ダウンロードできます。

他の電子書籍サービスは、Google Playがオススメです。Amazon kindleに比べると品ぞろえは劣るものの、海外でも問題なくダウンロードできます。たまに400円割引クーポンをくれたり、対象本1冊100円セールがやっていたりするので、非常にお得です。

 

デメリット

ついつい買いすぎてしまう

すぐに買えてしまうため、つい買いすぎてよく積読状態になります。予算を決めるなどして対処しましょう。

電子書籍が出ていない本もある

最近の人気な本なら確実に電子書籍化はされていますが、すべての本が電子書籍で読めるわけではありません。

中古がない

当然ですが、電子書籍に中古はありません。いつも中古本を買って読んでいる方にとっては、紙より安いとはいえデメリットです。

売れない

読み終わった本をBOOKOFFなど売る方もいるでしょう。電子書籍は残念ながら、売れません。

ページを行ったり来たりしにくい

紙の本と違い、電子書籍は2次元のためページを行ったり来たりしにくいです。読み返すときは正直不便です。

まとめ

一長一短のようですが、併用をオススメします。高い本は中古で買うとか、すぐに読みたい話題の本は電子書籍で買うとか。

電子書籍を活用しないのは、もったいないです。もっと早く利用しておけばと、後悔しています。

 

電子書籍を活用して、すてきな読書生活を送ってみませんか?

投稿者プロフィール

みきたく
自称、東北大生で一番頑張っているブロガー。
東北大学グローバルリーダー認定者。TOEIC900。
ブログは最近サボりがち。