Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちは。東北大生ブロガーのみきたくです。

僕がコミュ障を克服するために行った10の方法を紹介します。「コミュ力」をどう鍛えるかを大学生向けにまとめたので、コミュ力をさらに伸ばしたい人にも参考にして頂ければなと。

 

コミュ力を鍛えるには

会話の練習量を増やすこと(量の改善)

会話のための知識・スキルを身につける(質の改善)

この2つのアプローチがあります。この両輪が回り出すと、コミュ力は確実に上がります。

 

会話の練習量を増やす

コミュ力アップのためには、まず練習量を増やすことが大切です。そのために僕は5つのことを行いました。

①サークル掛け持ち

僕の場合はサークル4つに入りました。サークル活動にまつわる共通の話題がありますし、イベントや飲み会に参加すれば自然と会話が生まれます。また、異性もいるサークルを選ぶといいと思います。

 

②グループワークのある講義を履修する

これは単位も取れて一石二鳥の方法です。選択科目では、グループワークがある授業を履修しました。先生が勝手にグループを作ってくれるので、話さざるを得ません。

ちなみに一例を挙げると、僕は東北大学で開講されている「コミュニケーション実践講座」という講義を履修しました。

 

③初対面の人がいるイベントに参加する

僕の場合は、被災地のスタディツアーや、英会話イベントなどに参加しました。普段話しているサークルの友達といても、コミュ力は上がりません。

色んな人と初対面で話せるようになるようには、初対面の人と会話する機会を増やすことが必要です。何度も参加することで人見知りを克服できます。

 

スポンサーリンク

④接客のバイトをする

僕は高校生対象の塾と大学生向けのバーでバイトを経験しました。塾では、高校生と、バーでは初対面の人に接客する機会が得られました。バーはワンバーテンの店なので、バーカウンターには僕しかいませんでした。なので、お客さんは絶対に僕に興味を持ちます。お決まりの質問項目などを作って、初対面の人との会話法を模索したものです。

 

⑤独り言

1人で話すというのも馬鹿にできない練習法です。近況や最近体験したことを話す練習をしていました。練習したものを、本番で出していくという感じですね。動画を撮って自分のトークを見直すと客観的に自分のレベルが知れます。

 

会話のための知識・スキルを身につける

 

⑥雑談力について学ぶ


コミュ力にコンプレックスがある人は、事務的な会話はできるけど、雑談が下手な人が多いです。

斎藤先生の本を読んで、雑談の目的やテクニックを吸収しましょう。僕は本で学んだことを前述のバイトで実践していました。
雑談力が上がる話し方――30秒でうちとける会話のルール

 

⑦話題を増やす

時事ニュースをチェックしたり、趣味を増やしましょう。全く知らないことに関しては、コミュニケーションで大切な「共感」ができないです。僕は、あまり見てこなかったアニメや映画を見るようにしました。

また、初対面の人と趣味の話をしたときに、自分がついていけなかった話題は後でインターネットで調べたり、本を読んで知識を補うのはとても効果的です。

例えば僕の場合は、麻雀のルールがわからなかったので、入門書を買って勉強したり、マルーン5を知らなかったので、YouTubeで10曲聴いたりしました。

これを繰り返していけば、苦手な分野は消えます。また、自分はこれに関しては自信があるという話題をいくつか持っているといいでしょう。いざとなれば話題をそちらにずらせれば、大抵何とかなります。

 

⑧聴き上手になる


口下手でもいいです。話を聴いてほしい人の方が多いですから、聴き上手を目指しましょう。ググれば、聴き上手について色んな情報が出てくると思いますが、あいづちやオウム返しなどのテクニックは使えるようにしておきましょう。
聞く力―心をひらく35のヒント ((文春新書))
ベストセラー本「聞く力」はインタビュー的な側面が強い本ですが、読みやすくて聞くことについて深く知れるので勉強になります。

 

⑨声トレ


声の質は大事です。メルビアンの法則によると、コミュニケーションの非言語の占める割合は93%です。となると声の質やトーンは肝になってきます。声に自信を持てれば、会話にも積極的になれます。この本はトレーニング法がわかりやすく載っているので、オススメです。
「話し方」に自信がもてる 1分間声トレ

⑩笑顔の練習


笑顔が大事とはよく言われますが、練習あるのみです。ニコニコしていれば、例え話が下手でも悪い印象にはなりません。
愛され笑顔のつくり方―誰でもできる表情レッスン トレーニングがクセになる楽しく学べる実践法

以上が僕がコミュ障を克服するために行った10の方法になります。

実は僕、大学入学当初、重度のコミュ障でした。大学1年生の頃は、サークルなどを除いて、友達がほとんど作れなかったんです。

 

それで、じゃあ頑張って就活に役立ちそうなことをしようして、「就活 スキル」で調べると。『コミュニケーション力」が堂々の1位なんですね。

「どちらにせよ、コミュ障克服しないとヤバくね!」

 

めちゃくちゃ危機感を感じて、何度「コミュ障 直し方」でググったか覚えていないほどです。

 

それでも、自分になり遠回りしながら、克服しようとし、barで接客のバイトをこなしたり、デンマークで留学生活を送れるくらいにはなるまでには成長しました。

 

僕がアドバイスできるのはここまでです。

 

次はあなたの番です。

コミュ力を手に入れた未来を、想像してみてください

あなたのその一歩が、明るい未来を切り開きます。

投稿者プロフィール

みきたく
自称、東北大生で一番頑張っているブロガー。
東北大学グローバルリーダー認定者。TOEIC900。
この世の全てを知ろうと本を読みまくったり、アニメを1日10時間見たり、マラソンを走ったり、と思うがままに生きている。