Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちは。東北大生ブロガーの、みきたくです。

おそらく、東北大生のほとんどが知っているであろうTGL(東北大学グローバルリーダー育成プログラム)について書きます。

 

実際にグローバルリーダーになった自身の体験を踏まえて、グローバルリーダーになるための方法や注意すべきことを説明していきます。

認定式は年2回あるのですが、僕の時はたったの6人だけでした。東北大生は3、4年生を全部合わせると6000人くらいいますから、0.1%ということになります。しかし、その数字が表すほどの難関ではなくて、計画的にやれば誰でも狙えるものだと思います。

TGLプログラムは素晴らしい制度だと思いますし、もっと認定者が増えていけば東北大生がさらに盛り上がるだろうと思い、僭越ながら筆を執らせて頂きます。 

TGLプログラムの概要

 

東北大学の特長である柔軟で強固な「専門基礎力」に加え、その専門能力を充分に発揮し、産学官のさまざまな分野でグローバルに活躍するために必須となる「グローバル人材としての能力」を身につけるための実践プログラムです。

http://www.insc.tohoku.ac.jp/japanese/global/about/

グローバルリーダー認定を目指して勉強を頑張っていけば、グローバル人材として活躍するための能力を磨けるということですね。

僕の場合は元々、「国際的に活躍する人になるぞ」とは思っていなかったのですが、リグローバルーダー認定を目指して、モチベーション高く英語の勉強に励んだり、短期留学、そして現在の交換留学を経験できたので、良かったと感じています。

  

 

TGLになる方法

 

スポンサーリンク

認定の条件

まずはTGLプログラムに参加してください。4月あたりに登録するための集まりが開かれるので、参加しましょう。

 

認定の条件は5つあります。

 

 

1. 4つのサブプログラムからTGLポイントを各2ポイント以上取得
2. TGLポイントを合計16ポイント以上取得
3. TGLプログラムが指定する語学能力試験を入学後に受験し、基準値を満たすスコアを取得
 (基準値:TOEFL ITP®テスト 550以上|TOEFL iBT®テスト 80以上|TOEIC®テスト 730以上|IELTS 6.0以上)
4.
入学後からグローバルリーダー認定申請までに履修した科目において一定以上の成績を修得

5. 全学教育科目「グローバルゼミ」の単位を取得(2016年度以降に登録した学生)

 http://www.insc.tohoku.ac.jp/japanese/global/leader/

 詳しいことは、上記のリンクに載っているので説明は省きますが、皆さんにとって大きな障壁が大きく2つあります。

 

1つ目の障壁

1つ目の認定条件「4つのサブプログラムからTGLポイントを各2ポイント以上取得」に関しては、4つのうち3つは対象の講義の単位を取れば貯まるので誰にでもできます。

対象の講義リストはTGLfolioというTGL参加者専用のサイトにログインすればわかります。

 

上の写真は、僕が実際に獲得したポイントの表です。

問題となのは4つ目の海外研鑽。これはSAP(短期留学プログラム)もしくは交換留学などを修了する必要があります。参加するプログラムの検討や留学のための資金集めなど、計画的な準備が必要となるでしょう。

 

2つ目の障壁

3つ目の認定条件「TGLプログラムが指定する語学能力試験を入学後に受験し、基準値を満たすスコアを取得」は多くの人にとって最大の障害になります。実際、1つ目の障壁(海外研鑽)は、(感覚ですが)年間に300人以上がクリアしていると思います。

東北大学では12年生はTOEFL ITP®テストを受験します。受験の時の知識が残っている1年生の時にガチで対策して550を取るのが理想です。

 

TOEFL ITP®テストはリスニング、グラマー(文法)、リーディングの3つのセクションから構成されます。

550を超すには満遍なく得点する必要があります。特に単語、文法、模試演習には力を注いでください。

リーディングでは大学入試で扱わないような専門的な単語も出てきます。単語がわかればリーディングはある程度戦えると思います。また、模試を何回か解いて、試験形式や時間配分に慣れて置きましょう。

文法は短期間でも、やればやるだけ取れるので満点を取るくらいのつもりで対策しましょう。

リスニングは短期間では伸びにくいです。時間がない方は、足を引っ張らない程度でいいでしょう。
【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)
全問正解するTOEFL ITP TEST文法問題対策 ([テキスト])
CD-ROM付 完全攻略! TOEFL ITP(R)テスト 模試4回分
 

まとめると多くの人にとっては

海外研鑽

TOEFL ITP®テスト(もしくはTOEIC

がネックになります。

 

なので、前々から準備しておきましょう。

 

僕は1年生の時に、2つともクリアしていました。大学入学時から3年時にグローバルリーダーになるという目標を立てて、逆算して行動していたからです。

ぶっちゃけ、それだけ真面目にやれば大体の人はグローバルリーダーになれます。あくまで僕の体感ですが、東北大生の全体の5%はポテンシャル的に見て、グローバルリーダーになれると思います。

 

また個人の意見ですが、僕のようにグローバルリーダーになることにこだわらなくてもいいと思います。仮になれなくても、TGLプログラムを活用すれば、英語を継続して勉強するモチベーションになりますし、就活で頑張ったこととして話せるくらいのエピソードができるはずです。

ですが、せっかく東北大学に入学したんですからチャレンジしましょう。検討を祈ります!

 

投稿者プロフィール

みきたく
東北大生ブロガーのみきたくです!現在デンマークに留学しています。
読書とウサギが大好きです。よろしくお願いします。