Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちは、みきたくです。今回は、オピニオン記事第2弾。

アウトプットが超超超大事」ということを伝えていきたいと思います。

アウトプットは日本語で「出力」。反対語のインプットは日本語で「入力」。

ブログで文章化したり、人に話すことがアウトプットにあたります。本を読んだり、話を聴いたり、ネットサーフィン、何かを経験することはインプットにあたります。

今の時代、インターネットやSNSによって手に入る情報が爆発的に増えました。何も意識しないで暮らしていると、インプット過多になりがちです。かく言う僕もインプット過多人間でした。それはもったいないことだと思います。

アウトプットのメリット(インプット過多のデメリット)

アウトプットのメリットは大きく2つあります。

1つ目は、インプットした情報を理解・定着しやすくできることです。ただ、1冊本を読むのと、1冊本を読んで1000文字で感想を書くのではどちらが理解・定着しやすいと思いますか?もちろん、後者ですよね。アウトプットを意識することで効果的なインプットが期待できます。

2つ目は、自分が触れた情報を記録に残せること。例えば、ブログ。自分が書いた文章はどんどん積み重なっていきます。しかも、人に見てもらうことができます。自分のインプットの整理になって、他者に影響も及ぼせて一石二鳥ですね。

インプット過多のデメリットは、アウトプットのメリットの逆ですね。なので、大きく2つあります。

1つ目は、理解はその場でできても定着しにくいことです。本をたくさん読むと知識が増えたような気がしますよね?でも、一度説明する練習をしないと、わかっていても話せないということが良くあります。

2つ目は、記録として残らないことです。例えば、就活情報のページをひたすら見たとします。勉強にはなると思います。ただ一回見ただけだと、時間が経った時に読んだこと自体を忘れているかもしれません。これって、すごくもったいなくありませんか?

スポンサーリンク

著名人の例(ホリエモン

ホリエモンは、情報収集にかなりこだわっていることが知られています。ツイッターを筆頭に、Smartnews、NewsPicks,などのキュレーションアプリ、メルマガなどを活用し膨大な量の情報を日々インプットされています。

NewsPicks

SmartNews

インプットの量が半端ないのもそうですが、ホリエモンアウトプットも重視されています。

horiemon.com

ホリエモンチャンネルの中で、「視野を広げるには、とにかくSNSやブログで発信した方がいいよ」と言われています。

確かに、ホリエモンは毎日ツイッターの引用リツイートで 意見を発信しています。最近で言うと保育士の低給与の話などですね。けっこう誤解されがちですが(笑)

ホリエモンの博識さや思考の鋭さは、日々の膨大な量のインプットとアウトプットによるものだと言えます。その習慣を、少し真似るだけでも知識量や思考力は変わってくるのではないでしょうか?

個人の経験談 まとめ

今思えば、僕はインプット過多の人間でした。本をひたすら読みまくったり、勉強も教科書を読むのが中心でした。それが必勝法だと信じてやまなかったのです。そのやり方で成果が出る時もあったのですが、たくさんインプットしても結果が出ないことがよくありました。

そこで、個人的にアウトプットが大事だと思うようになった例を3つあげます。

まず1つ目。前セメに大学の専門の授業で「財務会計」という授業を履修していました。正直に言うと、全く授業を聴いていなかったので、期末テストのために独学をしました。ひたすら資料や教科書を読むのですが、問題を解ける自信が湧きませんでした。一度、教科書を見ながら解いてみると案外解けて、理解が深まっていくのを感じました。問題を解くというアウトプットがあって、インプットが活きてくるという原体験の1つでした。

続いて、最近の話です。僕は、現在中国語を独学しています。まず最初は、単語を覚えなくてはいけません。何度も単語帳を見るのですが、なかなか進みませんでした。日本語の例文を中国語に訳す練習をすると、面白いように定着しました。簡単な表現なら、自分で使えるようになりました。

この2つの体験などのおかげで、アウトプットを活かせば、効率よく知識を蓄えられるできるということを学びました。

最後の1つも最近の話です。僕はコペンハーゲンのあるところでインターンをしています。先日、代表の方に「アウトプットが少ない」とダメ出しをくらってしまいました。

僕としては別にサボっているつもりはなく、インターン用のブログの更新もやっていたので、正直面食らいました。ただ思い返すと、インプット量に比べると少ないとは感じました。インプット面の頑張りをアウトプット面の頑張りと混同していたのです。この経験から、他者からの評価は大方アウトプットの量と質で決まってしまうということを学びました。仕事ではアウトプットが求められるのです。

最近、自分の知識の無さに危機感を抱いて、クローズアップ現代を見てましたが、インプットするだけになっていました。アウトプットを意識して、逐一文章化して理解を深めていきたいと思います!

皆さんも、SNSやブログでアウトプットの場を持ちませんか?

投稿者プロフィール

みきたく
自称、東北大生で一番頑張っているブロガー。
東北大学グローバルリーダー認定者。TOEIC900。
ブログは最近サボりがち。