Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちは、みきたくです。

好きな言葉は「挑戦」です。

一昨年の春に大学生になって以来、自由な環境を活用して、色々なことに挑戦してきました。マラソンもその1つです。

f:id:michey1023:20171104221945j:plain

ハーフマラソンは、2015年、2016年に1回ずつ参加し、どちらも完走しました。タイムはそれぞれ、2時間1分、1時間54分です。ランニングを始めた当初の大きな目標はフルマラソン(42.195㎞)の完走でした。我ながら、大きな目標を掲げたものです。

しかし、怪我による去年の大会出場の辞退、時間的な制約、練習へのモチベーションのムラなどいくつもの要因から、フルマラソン完走に向けてしっかりと取り組めて来たとは言えません。目標と努力が釣り合っていなかったのです。

 

僕は現在デンマークに留学しています。自由な時間がたくさんあり、ランニングできる公園が身近にあります。すごく、恵まれた環境です。

このチャンスを逃したら自分は二度とマラソンに本気で挑戦できない!

そう思い、午前中に授業がないときはほぼ毎朝5キロ以上走ってきました。ちゃんと情報を集め、ランニングアプリを使うなど、練習法も以前より工夫しています。

現在、僕は「2018年5月のコペンハーゲンマラソンを4時間以内に完走」を目標にして、日々のランニングに取り組んでいます。以前掲げていた目標よりも、難易度がかなり上がりました。なぜなら、僕のハーフマラソンの記録を考慮すると、2倍の距離をほぼ同じペースで走らないといけないからです。かなりの無茶ぶりです。

正直、フルを完走するだけならつけ刃の練習でもできるのです。制限時間以内なら、歩いてもいいわけですからね。

でも、それでは挑戦しがいがありません。ただフルマラソンを完走したという事実や自信が欲しいだけではないです。どうやって目標を立てて、練習法を模索して、実行に移していくかという過程に意味があると思います。そういった経験は将来、必ずどこかで活きてくるでしょう。

せっかくブログがあるので、自分のこの挑戦を記事にしようと思い、今この文章を書いています。

ブログの連載企画として、「インドア派の僕がフルマラソンを4時間以内で完走するまで」を立ち上げることを決めました。単なる近況報告だけでなく、マラソンを走るメリットや練習方法などについても発信していきます。

 

僕にとってのメリットは

①目標達成へのモチベーションになる

②ブログのネタに困ることが少なくなる

③マラソンに関するアウトプットを定期的に自分に課すことで、より詳しくなれる。

 

僕が思う読者様のメリットは

①マラソンの世界について(ほんの少しですが)知れる

②僕の取り組みに刺激を受けて頑張ろうと思える。または頑張り方のヒントを得られる。

③走りたくなる。結果、運動不足の解消に繋がる。

 

上記の読者様のメリットを実現できる連載にしていきます。次回は、マラソンに挑戦するメリットについて書きます!乞う、御期待!

投稿者プロフィール

みきたく
自称、東北大生で一番頑張っているブロガー。
東北大学グローバルリーダー認定者。TOEIC900。
この世の全てを知ろうと本を読みまくったり、アニメを1日10時間見たり、マラソンを走ったり、と思うがままに生きている。