Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

こんにちは。みきたくです。

今日から、定期的に交換留学に関する記事を書きたいと思います。

現在(2017年10月時点)、僕はデンマークコペンハーゲン大学経済学部に留学しています。

コペンハーゲン大学は、僕が所属している東北大学経済学部の学部協定校。デンマークではトップの大学です。日本でいうところの東大。

f:id:michey1023:20171104211516j:plain

交換留学が、どんな感じなのかというのをQ&A形式でお伝えします。あくまで一個人の見解ですので、ご了承ください。

①勉強忙しいですか?

ぶっちゃけ、それほど忙しくはないです。僕は留学生向けの、「Academic English」と「Danish Welfare Model」を履修しています。週4コマ(1コマ2時間)です。火曜日と木曜日は全休なので、2日連続で登校することがありません(笑)

授業は案外普通です。言語が日本語でないだけで。日本と同じように、先生の聴くだけの授業もあります。コマ数が課題やリーディングが重いですね。

f:id:michey1023:20171104211609j:plain

↑「Danish Welfare Model」の授業計画の一部です。

最初の方は読んでいましたが、今は読んでいません。読めるか、こんな量(笑)

実際、読まなくてもどうにでもなりますが、これはテスト前に苦労するやつです(笑)

②課外では何をしています?

1週間は24時間×7日=168時間。授業は週に2時間×4コ=8時間。

こうやって計算すると、95%は課外ということに!ほぼ課外です!

日本にいると、バイトとかサークルとか色んなしがらみがありますよね。ただ、留学してみるとわかるんですが、授業や課題を除くと、自由を妨げるものは基本的に何もありません。

一言すれば、自分の好きなことを好きなだける環境です。例えば、このブログも留学で時間ができたので、始めました。そしてデンマークと全然関係ない、中国語やプログラミングの勉強をしています。どれも、日本でもできることですが、時間があるからこそできることがあると思うのです。

勿論、国際交流など現地でしかできないことも大切です。かくいう僕は、ホストファミリーとの食事などを除くと、たまにしかしていないのですが。

f:id:michey1023:20171104211746j:plain

これは卓球しに行った時の写真です。スポーツは国や言語も関係なく楽しめるので、いいですね。

スポンサーリンク

③英語はどうですか?

リスニングは強くなったと思います。授業は英語、ホストファミリーや現地の人との会話も英語。膨大な量の英語を自然と聴くことになります。

ただ、喋れるようになったかと言われると、答えに窮します。こればっかりは受け身では伸びません。積極的に英語を話せる環境に足を運ぶことが大事です。

④お金どうしていますか?

交換留学で主にかかる費用は、渡航費、保険料、東北大学に納める学費、生活費(家賃、食費、小遣い)。月の生活費は約13万円ほどです。デンマークは物価が高いので大変です。元々、受給していた日本学生支援機構の第ニ種奨学金と、給付型の海外留学奨学金(月8万円)などで生活しています。

日本学生支援機構の海外留学奨学金はオススメです。これなかったら僕の留学生活は詰んでます。僕は大学経由で申請しました。早め早めに情報を集めておくのが良いでしょう。

⑤交換留学に興味あるのですが、アドバイスお願いします。

まずは、英語をしっかり勉強しましょう。僕の場合は、リーディングとリスニングは十分勉強できたと思います(TOEIC900点)。ただ、肝心のスピーキングは未熟なままで来てしまいしました。でも、聴けるので、伝えようという意志があれば大抵何とかなります。でも、聴けないと相当辛いとは思います。優先順位的には、リスニング>スピーキング>リーディング>ライティングですかね。

交換留学は手続きとか色々めんどくさいこともありますが、全力でオススメします。ガチで勉強したい人も、自分のやりたいことを追求する人にも最適な環境ですよ!